アダプティブモード

このオプションを「Yes」にした場合、学生は小テストを受験している最中でも複数回の解答を行うことができます。例えば、学生の解答が間違っている場合、学生はすぐに解答しなおすことが許されます。しかし、通常は間違った解答ごとに評点からペナルティが引かれます (ペナルティの点数は、ペナルティ要素で設定することができます)。

このモードでは学生の解答に応じて内容を変えることのできるアダプティブ問題を作成することができます。以下にIMS QTI仕様でどのようにアダプティブ問題 (アイテム) を定義しているか記します:

アダプティブアイテムは、利用者の受験に対するレスポンスにおいて、外観または採点方法 (返答処理) もしくは両方に適応するアイテムです。例えば、アダプティブアイテムが利用者にテキストボックスへの入力を促すとします。もし、テキストボックスによる解答が十分なものではない場合、代わりに簡単な選択肢を表示して、正解に対して少ない点数を与えることができます。アダプティブアイテムにより、問題作成者は形成的な状況 (「与えられた課題に関するガイド」および「進捗を熟慮するためのアウトカム」を利用者に提示) で使用するためのアイテムを作成することができます。

アダプティブモードでは、それぞれの問題に追加的な 送信 ボタンが表示されます。学生がこのボタンをクリックした場合、その問題の解答が評定するため送信され、学生には評点が表示されます。問題がアダプティブ問題の場合、学生の解答に配慮した新たな問題が表示され、多くの場合、学生に次の入力を促します。 一番シンプルなアダプティブ問題は、フィードバックテキストおよびもう一度受験するボタンが表示される点で通常の問題と違いますが、より複雑な問題では問題テキストおよびインタラクション要素を変更することもできます。

全ヘルプファイルのインデックス
このヘルプを次の言語で表示する: English