• <講義の狙い>
    ①環境ビジネスの抱える難しさと可能性について、広い視点から理解する(輪講方式)②互いの考えに耳を傾ける時間を持つ(ワークショップとグループワーク)③経営者の視点で環境ビジネスを捉え直してみる(経営者インタビュー)