•  環境問題を経済システムの中に内部化するためには、環境そのものに適切な経済評価が与えられ、環境利用に伴う便益と被害が貨幣額であらわされることが不可欠である。この講義では、環境の経済評価手法と、それによってそのことが可能にする、プロジェクト評価、企業・製品の環境負荷評価の応用、環境を含む国民経済計算体系について概説する。  CVMとコンジョイント分析については、実際のデータに基づいて、計算ができるようにコンピュータルームで実習を行う。コンピュータについての特別な知識は前提としない。  講義終了後にレポートを提出していただく予定だが、代わりに、筆記試験を行う可能性もある。
  •  環境と経済の調和のために、経済システムはどうあるべきかを基本的なテーマとする。環境問題としては地球環境問題、環境汚染、生態系破壊、廃棄物問題など、環境政策としては、税や排出権などの経済手法、企業活動や消費者の自発的環境保全行動の問題などを重視する。CVMによる自然環境の経済評価も重視する。  多数の経済主体(企業、消費者など)の活動から形成される経済システムの分析手法の理解も重視する。  基本的にテキストを輪読する。  同時に、各自が持っている問題意識に基づいて、関連論文、文献などを調べ適宜、演習の場を使ってプレゼンテーションを行う。  これまで、経済学、経済統計学などの講義を受講したことのないもの、あるいは受講したが勉強が足りないと思っている学生は、「経済学入門」を、必ず受講するように。  当然のことだが、本演習に参加するためには履修登録が不可欠である。また、参加者はゼミのメーリングリストに参加することになる。
  • 環境と経済の調和のために、経済システムはどうあるべきかを基本的なテーマとする。環境問題としては地球環境問題、環境汚染、生態系破壊、廃棄物問題など、環境政策としては、税や排出権などの経済手法、企業活動や消費者の自発的環境保全行動の問題などを重視する。CVMによる自然環境の経済評価も重視する。  多数の経済主体(企業、消費者など)の活動から形成される経済システムの分析手法の理解も重視する。  基本的にテキストを輪読する。  同時に、各自が持っている問題意識に基づいて、関連論文、文献などを調べ適宜、演習の場を使ってプレゼンテーションを行う。  これまで、経済学、経済統計学などの講義を受講したことのないもの、あるいは受講したが勉強が足りないと思っている学生は、「経済学入門」を、必ず受講するように。  当然のことだが、本演習に参加するためには履修登録が不可欠である。また、参加者はゼミのメーリングリストに参加することになる。
  • 環境問題には、対立や強調、あるいは交渉がつきものである。このような状況を分析するツールにゲーム論がある。講義では、ゲーム論的視点から、環境問題、環境政策を分析する。
     講義終了後にレポートを提出していただく予定である。
  • 環境経済学の基礎的な考え方や大きな枠組みを示すことを目的にする。特に環境政策の経済的手法の内容、あるいは優位性、環境の最適利用について詳述する。
  •  経済学に関する事前の知識は不要です。環境と経済システムの調和に関する分析が環境経済学の基本テーマです。そのためにも、経済学および関連領域の科目に対する初歩的な理解は不可欠です。この講義では、経済学(特にミクロ経済学)、経済統計学(特に計量経済分析、回帰分析)および産業連関分析に関する入門的内容を講義する。経済統計学、産業連関分析についてはコンピュータルームでの実習を行います。コンピュータについての特別な知識を前提とはしません。講義終了後にレポートを提出していただく予定です。