• 現在、我が国の土壌汚染問題に対しては工場の閉鎖時、不動産取引時などの機会を捉えて土壌汚染対策法に準じた対応がなされている。しかし浄化対策コストが土地の価値を上回るケースなどでは適切な対応がなされず、「塩漬け」された土地も増加してきている。本講義ではH22.4.1に改正された土壌汚染対策法の概要、環境リスクアセスメントの意義、概要、実施方法を修学する。また先進国の取り組み事例、環境リスクに対するヘッジ手法、土壌汚染と並び社会問題化しているアスベスト問題の概要、会計基準の変更に伴う影響などについて理解する。土壌汚染(アスベスト)問題の本質を理解し、実務の経営上でどのように問題解決を図っているかを習得、他の環境問題の解決にも通じる知識、スキルを学ぶことを目的とする。
  • 環境マーケティングの活動内容である環境広告、CSR経営戦略、エコスタイル事業の事例等を解説し、今日的環境テーマである生物多様性、エネルギー、情報化進展、水資源についてビジネス開発やマーケティング活動に活用されている事例を紹介。これらを踏まえてクリエーティブ・ワークショップを実施して、環境コミュニケーションをクリエーティブの力でどうサポートするかの課題に取り組む。